スポンサーサイト

  • 2015.02.10 Tuesday | - | | - | - | by スポンサードリンク


一定期間更新がないため広告を表示しています


炭素循環農法の創始者、林さんが来日。



昨日は林さんがブラジルから来てくださるということで
より多くの方に話を聞かせたいとの願いからの声かけで

総勢60名以上のかたが集まりました。。




遠方からのかたも多く、長崎の五島から
東京からと、びっくり。。


今回の企画は林さんにこの付近の3つの畑を診断してもらい
現段階でやったらいいことを話してもらう。

そして、食後、林さんの談話。





まずは、なごみ市の島田さんのところの診断。




ここは、キャベツ畑で
島田さんの畑の中で一番状態がわるいところだそうです。

実験的にやっているとのことでした。






キャベツや白菜のように根が深い物は、畑の状態がよくないうちに
植えると虫がつくそうです。

虫は野菜の悪い物を食べてくれる
なので、まだ、深いところの土の状態がわるい??

でも、根の浅い、しょうがや里芋などを植えると、とても出来のよいものができるよと。。






ここは、ハウスの中のレタス



しろざ。。




かさばみ。

この草がはえると土がいい状態なのだそう。。




野菜を育てる為には、雨にあたらないことが重要。。

え〜
ほんと???????




ここはネギ。

市場に出してもオッケーが出るくらいのすばらしいネギ
これが、本当に施肥なしでできてるの??というくらいのネギです。。


島田さんのところを見た後は荒尾の茅畑さんのところ





ここは、ひと畝ごとに貸し農園にされていて

家庭菜園だったら、ひと畝に30種類の野菜が常に混ざって植えると
いろんな微生物が繁殖して土壌がよくなるのが早いらしい。。

常に野菜がとれる状態

家庭菜園は楽しいのが大事。。

ですよね〜




ここの奥の野菜も、少し虫が来ていて

やっぱり、土の奥の土壌がまだ腐敗している。
なので、この野菜を土に帰してあげたらいいと。。

草や虫が食べる野菜は持ち出さない。。

人間が食べる野菜だけをもちだすんだよ。。。と。。


ほ〜





皆さん、熱心です。。




ちょっと、どれくらいささるか、棒をさしてみましょうか??





じつは、一番熱心なのは林さん???

さて、最後に山下さんの畑




ごぼう。。

端が育ちがわるいのは、その畝だけじゃなくて、
両端の溝もよくすることだと。。。




でも、いかにもたんじゅんをやってますというはたけじゃない畑が
大事なの。。

ここは、いかにもたんじゅん農法の畑ってかんじじゃないでしょ。。

やっと、畑らしくなったね〜





ここは、里芋畑。

じゃがいもも、さといもも逆さ植えをやってます。。

と、山下さん。




で、草堆肥の観察。。




右が山下さんが作った茄子
左がホームセンターで作った茄子

根の上の苗はホームセンターのが大きいけど、根は俄然山下さんのが伸びていた。。

どっちがどうなの????





逆さ植えのジャガイモ畑

山下さんは研究者だからね〜と林さん(笑)




さいごに人参。

もう、食べなくてもわかるよ。。
おいしい人参だね、、と。。


そして、昼食を食べながら、林さんの話。。

林さんは食事もとらず、私たちの為に、話をしてくださいました。。




そのまま、宮崎に。。
私たちのように、林さんを待っている方のところへ出発されました。。






 

スポンサーサイト

  • 2015.02.10 Tuesday | - | 04:20 | - | - | by スポンサードリンク



コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

PR

recommend

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM